JAPANーPAN + ISRAELーRAEL= PANRAEL
日本の『 Japan 』イスラエルの『 Israel 』の合成語が当社の社名になっています。PANはギリシャ語で全てと言う意味があります。イスラエルの全てをイメージした二国間のビジネスに特化し、あらゆる分野のボトムアップとグローバルの推進を目指します。世界一器用な日本人と、世界一のクリエイターの融合で革命的なモノが生まれると信じています。イスラエルのヒト・モノを紹介して、経済の起爆剤になればエキサイティングな事でしょう。パンラエルは2018年5月法人登録した新しい会社です。しかし最近思いついたビジネスではなく、それは40年前にさかのぼります。イスラエルは建国70年ですが、聖書・ユダヤの歴史は4000年以上になります。イスラエルは建国後も離散されていた時と同様、知財や金融に頼らざるを得ない環境にありました。西暦2000年を契機にパソコンのIOTの普及、CPUの高速化に伴い、イスラエルではIT企業が急速に発展して来ました。イスラエル製であってもアラブ系企業からボイコット避けるように身を隠すように米国製であったりヨーロッパ製であったりしてきた事実があります。その様な急速な変化を見てきた私にはイスラエルが大変魅力に感じていました。またイスラエルは人口860万人の国ですが、ユダヤの方は全世界に数千万人おられます。多くのノーベル賞を受賞されており、現在の文明の発展に大きく貢献しています。その様な民族と国家に興味が出るのも当然と思います。40年前、イスラエルの方と知り合った時から始まっていたのです。そしてついに、イスラエル建国70年の今年、我々は必然的にスタートする事が出来ました。多くの分野に、パンラエルはバンテージポイントを多く持っています。出来る事を積極的に展開していきます。
SDGsとは ( Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標 )国連で国際合意に達した2016年から2030年までの世界の長期目標です。
・ 国連は『 SDGs 』を進めております。
 
2030 年に向けた持続可能な開発に関する地球規模の優先課題や世界のあるべき姿を明らかにし、
 
一連の共通の目標やターゲットを軸に、地球規模の取り組みを動員しようとするものです。
 
SDGsは、地球の限界を超えない範囲に収まるよう、貧困を終わらせ、誰もが尊厳があり平等に機会が
 
得られるような人生を送ることができるよう、政府、企業および市民社会に対して、全世界的な行動を

要請しています。
 
Society 5.0とは、狩猟社会 → 農耕社会 → 工業社会 → 情報社会 に続く 、新たな経済社会 、サイバー空間とフィジカル空間を地域 、年齢 、性別 、言語等による格差なく 、多様なニーズ 、潜在的なニーズにきめ細かに対応したモノやサービスを提供することで経済的発展と社会的課題の解決を両立し 、高度に融合させることにより 、人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる社会をつくることです。
関西で国際博覧会をすることは単なるイベントではなく 、新しいアイデアを自由に出し合い 、共有する未来社会へ発展する 『 起爆剤 』 となります。
起爆剤は 『 イスラエル 』 の最先端技術を 『 パンラエル 』 が関西企業に導き 、融合させることです。
パンラエルの活動が日本政府が進めている 『 Society 5.0 』 に貢献し 、国連の進める 『 SDGs 』 と繋がると信じております。