本文へ移動

IoT、AI 制作企業とコラボレーションの促進

たとえ小さな一歩でも、昨日より確実に前へと進んでいること!

2018年日本では IoT、A I 元年、この言葉はここ数年表舞台に出るようになりました。
イスラエルでは10年ほど前からそのビックデータを使用して色々な分野に反映されています。
例えば IoT で全国の車のドライブレコーダーが一つのサーバーに集約されており、そこに映し出されているデーターがGPSと連動し
地図上でコースが分かり、映し出された風景や人の顔認識で通過しながら男女比、大人子供、服装、沿線上の店舗数、種類、道路の状態、
タクシーの昇降画像、交通渋滞状況などの画像がビックデータ化されていたら、どう言う事が出来るのか。
もし、全国の小さな診療所から大学病院の患者のカルテデーターの全てが一つのサーバーに集約出来ていたら、そのデーターで何が
出来るのか、耐薬状況、治療経緯、手術後の結果、後遺症の種類、リハビリの効率化など、欲しいデータが多くあるはずです。
個人情報の問題は有りますが、医療現場は新薬、予防医療、介護、など健康延伸にも繋がる事でしょう。
集めたビックデーターは既に存在しています。
新たに生み出すものではなく、ただ集めることでイノベーションが起こります。
ネットに繋げることはビックデーターを入手する事になり、それはクラウド上で管理できる事になります。又、仮想通貨で不可欠なブロック
チェーンテンクノロジーは信頼性が高く低コストでダウンタイムがなく運用できる素晴らしいテクノロジーです。
今後このアルゴリズムは保険、ECサイト、小売り、公共機関などに幅広く利用されることでしょう。
これまで金融の仲介ビジネスをしてきた企業では脅威になって行くでしょう。
イスラエルは2000年から革命的なネットワークによる一元管理が行われており、その分野では先駆者です。
その技術者の多くは、親日家の多いユダヤの方々です 『 イスラエルとビジネスチャンスを作って頂きたい 』単にブロックチェーンが
即座に出来るという事ではなく、芸術的なアルゴリズムの構築の出来る技術者が多くおり、パラダイムシフトが現実的に発生します。
 
21世紀に入りスマートホン、インターネットは今世紀最大に普及した産物でしょう。
これから正にこのツールで何が出来るかその総合力が今後の産業の基軸になってきます。
我々は必然的なスチュエーションと偶然とが重なり会いイスラエルの持つテクノロジーと日本の創造的アーキティクチャーとの融合が
今後両国の経済に大きな改革に繋がると確信し事業をスタートいたしました。
AIによるディープランニング、IOTによるビッグデーターの活用VRやAR.MRは色々な分野で革命的な進歩が見られます。
これらのテクノロジーが更に次のテクノロジープラットホームが構築され低コストな信頼性の高いアルゴリズムが開発されるでしょう。
それに伴い経済のシステムさえも変わっていくかもしれません。
イスラエルがどうして世界有数のクリエイター集団となったか、そのヒントに少し触れてみたいと思います。
イスラエルのテルアビブから約20キロ南にワイッツマン科学研究所があります。高等教育機関で自然科学の大学院です。
世界的に有名な総合研究センターでコフレー加速器の建物でも有名で時代に先駆け多くの科学者、フェロー博士がノーベル賞レベルの
研究が日々行われています。又、イスラエルは兵役の間に国の防衛の根幹になるサイバーセキュリティーに特化した部隊 8100 と 8200 が
それぞれコンピューターサイエンスに関わって国の諜報部門のエリート部隊として教育されています。
当然それぞれイスラエル国に還元される人材として活躍されています。
イスラエルが飛躍的な革命的な進歩を成し遂げたのはこの様な背景もあります。
多くの技術者は国内のみならず海外にその0から生み出すクリエイティブなテクノロジーを開発し貢献しています。
我々はその英知を日本の技術と有るものから形にする器用な民族のコラボを実現したいと心より願っています。
日本に対して親日家が多いですが日本はイスラエルをまだまだ怪しい国であります。フェイクが多くファクトが少ない情報の中、
可能な限り我々がビジネスを通して真実とヒト、モノ、企業をあなたにご紹介いたします。
オールジャパンも良いですが発想の転換、奇想天外なアイディアなど日本人にないものがあります。
TOPへ戻る